水谷豊:監督作品第3弾「太陽とボレロ」製作決定へ 世界的指揮者・西本智実が音楽監督に初挑戦

2022年公開の映画「太陽とボレロ」で監督を務める水谷豊さん 写真:三宅英文「轢き逃げ」より
1 / 2
2022年公開の映画「太陽とボレロ」で監督を務める水谷豊さん 写真:三宅英文「轢き逃げ」より

 俳優の水谷豊さんが、2022年公開の映画「太陽とボレロ」(2022年公開)で監督を務めることが4月14日、明らかになった。水谷さんが映画監督を務めるのは「TAP-THE LAST SHOW-」(2017)、「轢き逃げ 最高の最悪な日」(2019)に続いて3回目となる。また、世界的指揮者の西本智実さんが同作で初めて映画の音楽監督を務めることも併せて発表された。

 「太陽とボレロ」は、ある地方都市の市民交響楽団が舞台の人間ドラマを通じて、「音楽を愛する人々」「音楽の素晴らしさ」を描く“本格オーケストラ映画”。かねて西本さんが指揮を務めるコンサートに足を運んでいた水谷さんは、劇中で奏でられる「ボレロ」の指揮を西本さんにオファー。オファーを受け入れた西本さんは、自身初となる映画の音楽監督を務めることも快諾した。

 水谷さんは「西本さんと出会ったことにより、より深いクラシックの世界の人間ドラマを描くことができたと思います。そして、話をしていく中で、映画音楽の指揮演奏に加え、なんと音楽監督も引き受けていただけることになりました。運命のように出会えて、お仕事をご一緒できることに、今、とてもうれしく興奮しています。ヨーロッパなど多くの国々ではクラシックを生活の一部のように楽しんでいます。この映画も西本さんとともに“クラシックを楽しめる映画”にしたいと思っています」とアピールした。

 西本さんは「ドラマ『熱中時代』の北野広大先生(水谷さんが演じた教師)は、実際私自身の人生に影響を与えてくださった先生でもありました。このようなリクエストをいただき、人生には思いがけない不思議なご縁というものがあるんだなとつくづく思います」とコメントしている。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る