ペペロンチーノ:草なぎ剛「被災した人物を演じることは、すごく難しかった」 明日待望の地上波全国放送 思い吐露

4月17日にNHK総合で全国放送される宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」のビジュアル (C)NHK
1 / 3
4月17日にNHK総合で全国放送される宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」のビジュアル (C)NHK

 草なぎ剛さんと吉田羊さんが共演したNHK宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」が、4月17日に全国地上波放送される。同ドラマは3月6日にNHK・BSプレミアムとBS4Kで放送。同局によると、視聴者から多くの反響の声が寄せられたことから、17日午後5時からNHK総合での全国放送を決定した。「被災した人物を演じることは、すごく難しかったです。プレッシャーもありました」と明かす草なぎさんが、思いを語った。

 「ペペロンチーノ」は、東日本大震災が発生から10年が経過し、一体何が変わったのか。ドラマという形で、揺れ動いてきた被災者の心のリアリティーを見つめたいという思いからNHK仙台放送局が制作した。

 営んでいたイタリアンレストランを津波で失い、失意の中、アルコールに溺れたオーナーシェフの小野寺潔。その後、潔は新しく店を建て直し、震災から10年の3月11日に友人を招きある宴席を企画する。潔は突然の招待に戸惑う友人たちに、その意図を語り始める。そして、宴会が進むなか、発災から10年間のそれぞれの秘めた物語が浮かび上がってくる……という内容。

 國村隼さん、矢田亜希子さん、富田望生さん、一色洋平さん、齊藤夢愛さん、蒼波純さんも出演している。

 草なぎさんは、「僕自身は実際に被害にあっていないですし、当時は東京にいたので、実際被害にあった方とは計り知れない違いがあると思います。役として実際に被害にあったことをどうやって埋めようかなと。今でも心に傷を負って治っていない方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、心の役に立てるようなキャラクターがたくさん出てきます。それぞれの役者さんが本当に真心を込めて演じているので、伝わるかなと思っています」と期待する。

 「クランクアップしたとき、最後のあいさつでちょっと涙が出てきて、ドラマの撮影が終わったときに泣いたのは何年ぶりかなと。羊さんもあいさつされているときちょっとほろっとされいて、何かお互いの夫婦間がもうすごいできあがったんだなと思って、感無量というか。これが本当に視聴者の方にきちんと伝わればいいなと思います」と思いを語った。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る