スーパー戦隊:話題の学研の図鑑が発売3日で増刷決定 「最高すぎる!」「興奮する」と反響

「学研の図鑑 スーパー戦隊」の表紙(左)とケース
1 / 4
「学研の図鑑 スーパー戦隊」の表紙(左)とケース

 特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズの図鑑「学研の図鑑 スーパー戦隊」が、「学研の図鑑」(学研プラス)シリーズから4月8日に発売され、発売から3日で増刷が決定した。オリコン週間ブックランキング(4月19日付)によると、1週間で約2万4000部を売り上げ、第2位にランクインした。

 SNSなどでは、購入者の「最高すぎる!」「情報量の多さに興奮する」「細部まで愛の詰まった図鑑!」などと反響が上がっている。編集を担当した学研プラスの芳賀靖彦さんは「正直、ここまでファンのみなさまに受け入れてもらえるとは想像していませんでした」と驚きのコメントを寄せている。

 芳賀さんは「この本が目指したのは、網羅的な全集ではなく、“図鑑”というフォーマットがもたらす新しい視点の提供です」と説明し、「今は、VRなどのハイテク機器で仮想現実を体感することができますが、紙の本でそういうことができたら面白いな、と。自分は大好きなスーパー戦隊の世界に今迷い込んで、その世界で手にした図鑑を読んでるんだと考えたらワクワクしませんか?」と話している。

 「学研の図鑑 スーパー戦隊」は、シリーズ第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」から最新作「機界戦隊ゼンカイジャー」まで歴代45スーパー戦隊を網羅し、約300人の戦士を解説する。戦士たちの約270種の強化形態もイラストで紹介。歴代のロボットや乗り物、メカ生命体の合体の仕組みなどを解説する合体相関図や、「秘密戦隊ゴレンジャー」に登場する必殺技・ゴレンジャーハリケーンの解説ページも掲載される。

 価格は3630円。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る