おちょやん:千代、ついに一平に離婚届! 「ツラい流れ」と視聴者嘆息 香里のバナナに「泣いた」の声も

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第98回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第98回のワンシーン (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第98回が4月21日に放送され、千代(杉咲さん)が、寛治(前田旺志郎さん)を通じて、夫の一平(成田凌さん)に離婚届を突きつけるシーンが登場。SNSでは、「離婚届!? まじか!」「ここまでツラい流れが続くと、もう何もつぶやけなくなる」「離婚届にもう名前書いてあるのしんどい」といった声が上がった。

 同回では、「鶴亀新喜劇」の座員・香里(松本妃代さん)が、自宅に籠もりきりになった千代を気遣って、千代にバナナの差し入れをするシーンも描かれた。SNSでは、「バナナを差し入れに持ってきた愛がうれしくて泣いた」「香里優しいよ」「香里さん流の励ましが泣ける」といった感想も多かった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る