永野芽郁:ピンクの特攻服姿で全国のOLに“謝罪” 「OLのイメージを大きく変えてしまった」

映画「地獄の花園」のイベントに登場した永野芽郁さん
1 / 11
映画「地獄の花園」のイベントに登場した永野芽郁さん

 女優の永野芽郁さんが4月21日、東京都内で行われた主演映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)のイベントに共演の広瀬アリスさんらと登場した。イベントは「完成報告謝罪イベント」と題して行われ、登壇者はそれぞれ役衣装姿で出席。ピンクの特攻服姿で登場した永野さんは、冒頭のあいさつで、全国のOLに向けて「映画とはいえ、暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことを、キャスト、スタッフを代表しておわびいたします。申し訳ありませんでした」と“謝罪”。深々と頭を下げた永野さんに合わせて広瀬さんら共演者もそろって頭を下げ、観客を笑わせていた。

 永野さんは劇中ではごく普通のOL・田中直子を演じるが、殴る蹴るのアクションシーンにも挑戦しており、「クランクインの4、5カ月前からアクションの練習をしていました」と述懐。また、「広瀬さん、小池(栄子)さんとは『はじめまして』の状態で殴り合いからスタートしたので、普段とは違う距離の詰め方ができたんじゃないかと思います」と笑顔を浮かべて振り返っていた。

 この日のイベントには菜々緒さん、川栄李奈さん、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さん、遠藤憲一さん、小池栄子さんも出席。カリスマヤンキーOL・北条蘭役の広瀬さんは、MCから印象に残っているせりふを聞かれると「私は『便所バエども』というせりふが……。初めて言ったので、印象的でした」と苦笑い。狂犬OL・佐竹紫織役を演じる川栄さんは「私は『タコ!』ですね。人に『タコ』と言うことはあまりないので……」と回答しつつ、これまでに言った経験を聞かれると「1、2回ありました(笑い)」と明かし、会場を沸かせた。

 「地獄の花園」は、主人公・田中直子(永野さん)の職場の裏で繰り広げられる、社内の派閥争いをかけた女性社員の“拳”による抗争を描く。ある日、1人の“カリスマヤンキーOL”・蘭(広瀬さん)が中途採用されたことをきっかけに、全国から直子の会社が狙われることになるというストーリー。お笑いタレントのバカリズムさんが脚本を担当する。

写真を見る全 11 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る