明日のおちょやん:第20週「何でうちやあれへんの?」振り返り 一平の浮気に灯子の妊娠 別れを選ぶ千代

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第20週の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第20週の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)。4月24日は第20週「何でうちやあれへんの?」(4月19~23日)を振り返る。

 「おちょやん」の毎週土曜は、同週のドラマの“振り返り”回。黒衣(桂吉弥さん)の案内で、ハイライトをイッキ見することができる。

 第20週では、歌劇団出身の灯子(小西はるさん)が突然、劇団を辞めたいと言い出す。千代(杉咲さん)は、灯子に辞めないように説得するが、灯子は聞く耳を持たない。やがて一平(成田凌さん)が、灯子(小西はるさん)との浮気を認め、千代は激怒。さらに灯子の妊娠が発覚すると、一平は家を出てしまう。

 そして、千代は一平との離婚を決意。最後にもう一度、2人で話し合うことになるが、一平は、灯子と生まれてくる子供のため、千代に「離縁してほしい」と改めて頭を下げる。別れを選んだ千代と一平だったが、鶴亀新喜劇の1周年を記念した興業で、夫婦だった2人は元恋人役を演じることに……という展開だった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る