鈴木梨央:NHKドラマ初主演 「命のバトン」で妊娠に戸惑う高校生役 共演に倉科カナ

ドキュメンタリードラマ「命のバトン~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」に出演する鈴木梨央さん(左)と倉科カナさん
1 / 1
ドキュメンタリードラマ「命のバトン~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」に出演する鈴木梨央さん(左)と倉科カナさん

 女優の鈴木梨央さんが、今秋にNHK・BS1で放送されるドキュメンタリードラマ「命のバトン~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」で、NHKドラマ初主演を務めることが分かった。鈴木さんは、予期せぬ妊娠に戸惑う高校2年生の桜田結を演じる。また、倉科カナさんが結に寄り添う児童福祉司の成瀬千春役で出演することも発表された。

 「命のバトン」は、虐待で死亡する子供の年齢が「生後0歳0カ月0日の赤ちゃん」が最も多いという中、子供の虐待死・遺棄死を防ぐ切り札として注目されている、愛知県の児童相談所が全国に先駆けて30年以上前から取り組んできた、「愛知方式」と呼ばれる“赤ちゃん縁組 (新生児特別養子縁組)”が題材となる。

 予期せぬ妊娠に直面した1人の女子高校生が、児童相談所の職員など、さまざまな人たちとの出会いを通して、悩み抜いた末に赤ちゃん縁組を選ぶまでの心の変遷を描くドラマと、本物の養子縁組家族のかけがえのない瞬間を捉えたドキュメント映像を組み合わせた作品となる。昨年度から「子供」に関わる番組作りや報道に取り組む、NHK名古屋放送局が制作する。

 鈴木さんは「命の尊さとは……。命のバトンとは……。今回初めて、子供を出産する“結”という役を演じさせていただくにあたって、私たちの命は1人だけでなく、たくさんの人たちの愛によって育まれているんだと、深く感じました。この番組を見てくださった方が、助けられる命についてや、いろいろな人たちとのつながりを、そしてその奇跡を考えたり、感じたりしていただけたらうれしいです」とコメント。

 倉科さんは「『新生児特別養子縁組』や『赤ちゃん縁組』を知っている方はどれくらいいらっしゃるのだろう? 私自身この作品を通じて知りました。私は児童相談所に勤める千春を演じさせていただきますが、当事者の方が思い詰めてしまったとき、母子共にいろいろな選択肢があるということを知りました。だから、児童相談所の方に気負うことなく相談してほしい。少しでもこの作品を通して、救われる命がありますように」と思いを語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る