ブルーピリオド:テレビアニメが10月スタート 峯田大夢が主人公・八虎に 花守ゆみり、山下大輝、河西健吾、宮本侑芽も

「ブルーピリオド」のビジュアル(C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会
1 / 16
「ブルーピリオド」のビジュアル(C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

 「月刊アフタヌーン」(講談社)で連載中の山口つばささんのマンガが原作のテレビアニメ「ブルーピリオド」が10月から放送されることが4月28日、分かった。メインキャストも発表され、峯田大夢さんが主人公・矢口八虎を演じるほか、花守ゆみりさんが八虎を美術部に招き入れた同級生の美術部員・鮎川龍二役、山下大輝さんが八虎が美術予備校で知り合った天才少年・高橋世田介役、河西健吾さんが同じく美術予備校で知り合い、幅広い知識を持つ橋田悠役、宮本侑芽さんが美術予備校で一目置かれている少女・桑名マキ役として出演することも分かった。

 峯田さんは「八虎は情熱的でどんな困難にも、がむしゃらに立ち向かいます。その姿に僕自身とても勇気づけられています。この世界は試練と喜びに満ちていて、絵を描いていない人でも熱くなれる! 現在何かに挑戦している皆さん、かつて挑戦していた皆さん、何かに挑戦したいと思っている皆さん、挑戦を応援したい、見守りたい皆さん。要するに全ての皆さんに見ていただきたい作品です。彼の表情の一つ一つに色を添えられるように僕自身、八虎たちに負けないよう、がむしゃらに本作に挑戦したいと思います!」と話している。

 「ブルーピリオド」は、「月刊アフタヌーン」で2017年から連載中。高校生・矢口八虎が美術大学を目指す姿を描く“スポ根受験”ストーリー。マンガに精通する書店員らが「その年一番面白いと思ったマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2020」に選ばれたことも話題となった。

 ◇スタッフ(敬称略)

 総監督:舛成孝二▽監督:浅野勝也▽シリーズ構成・脚本:吉田玲子▽キャラクターデザイン:下谷智之▽制作:Seven Arcs

 ◇キャスト(敬称略)

 矢口八虎:峯田大夢▽鮎川龍二:花守ゆみり▽高橋世田介:山下大輝▽橋田悠:河西健吾▽桑名マキ:宮本侑芽

写真を見る全 16 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る