着飾る恋には理由があって:“葉山”向井理の存在感が話題 「もっと出してください!」の声も

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんが主演を務め、俳優の横浜流星さんも出演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が4月27日に放送された。「el Arco Iris」元代表取締役社長の葉山祥吾を演じる向井理さんについて、視聴者からは「向井理くんがカッコ良すぎ」「存在感すごい」などの反響があった。

 第2話では、葉山(向井さん)の突然の退任にすっかり傷心の真柴(川口さん)の様子が描かれた。真柴が、仕事の途中で駿(横浜さん)のキッチンカー「Fuji Bal」に立ち寄った場面では、葉山らしき人物を見かけ、走って追いかけた真柴。しかし、転んでしまい、葉山には会えず……。

 また、真柴が葉山とのやりとりを思い出し、真柴が「いつか帰ってくる。それまで今まで通り(SNSの)更新を続けたいんです。きっと社長も見てくれてると思うから」と葉山への思いを語るシーンも登場した。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#着飾る恋には理由があって」がトレンド1位、世界トレンド2位になるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「向井理が神がかって可愛いしイケメン」「たまにでる向井理すてき」「向井理が最強」などの声が上がった。

 また、「向井理のチラ見せの存在感」「ちゃんと存在感を残す向井理」といったコメントが並ぶなど、向井さんの存在感も話題となっており、「社長戻ってきて!」「向井理さんもっと出してください!」と訴える意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る