着飾る恋には理由があって:川口春奈&横浜流星の“冷蔵庫キス” 「美しい」「何回も見ちゃう」

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんが主演を務め、俳優の横浜流星さんも出演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が4月27日に放送された。川口さん演じる真柴くるみと、横浜流星さん演じる藤野駿が、冷蔵庫の前でキスをする場面が登場。視聴者から「冷蔵庫キス何回も見ちゃう」「美しいキス」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 第2話では、葉山社長(向井理さん)の突然の退任にすっかり傷心の真柴(川口さん)を元気づけようと、一緒に暮らす陽人(丸山隆平さん)、駿らで花見に行くことに。仕事で参加することができなかった真柴のため、駿は、自宅で羽瀬(中村アンさん)が描いた桜の絵で“花見”をすることに。

 駿が、真柴に自身の過去の話をするなど、二人で過ごす中、“ポテサラ”などを取りに行こうと二人は冷蔵庫へ。冷蔵庫の中のものを取ろうと、顔と顔が近づいた真柴と駿は、自然な成り行きでキスを。直後、二人は「あれ?」「し、した?」と慌てて……となった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#着飾る恋には理由があって」がトレンド1位、世界トレンド2位になるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「あの流れは最高でした」「最近の恋愛ドラマの中で1番好きなキス」「キスシーンがほんとすてきだった」「最後のキス、あれはしちゃうだろ感がやばい。共同生活したい」といったコメントが並ぶなど、話題をさらった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る