キングダム:第3シリーズ第5話「若き将の台頭」 函谷関の危機に桓騎は不敵な笑み 蒙恬の激闘

「キングダム」第3シリーズの第5話の一場面(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
1 / 8
「キングダム」第3シリーズの第5話の一場面(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

 原泰久さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「キングダム」第3シリーズの第5話「若き将の台頭」が、NHK総合で5月2日深夜0時10分に放送される。 

 函谷関(かんこくかん)は、魏軍総大将・呉鳳明(ごほうめい)が作った新型の井闌車(せいらんしゃ)によって危機に陥る。しかし、望楼に立つ将軍・桓騎(かんき)は、それに対して不敵な笑みを見せた。

 一方、楚軍の大軍勢と対する蒙武(もうぶ)と騰(とう)の連合軍では、いつもは血気盛んな蒙武が静かに戦況を見守っていた。父・蒙武からこの戦いの目的を聞いていた蒙恬(もうてん)は、父の意図をくみ、自身の楽華隊を率いて激闘を繰り広げる。しかし、その行く手に楚軍千人将・項翼(こうよく)、弓の名手・白麗(はくれい)が立ち塞がる。

 「キングダム」は、2006年から「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガ。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す信の活躍や、後に始皇帝の名で知られるようになる秦王・えい政ら英雄たちのドラマを描く。山崎賢人さん主演の実写映画が2019年に公開された。NHK・BSプレミアムで、テレビアニメ第1シリーズが2012年6月~2013年2月、第2シリーズが2013年6月~2014年3月に放送された。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る