加藤諒:「ネメシス」で雑技団出身の料理人に ともさかりえらの出演も発表

「ネメシス」に出演する加藤諒さん(左)=日本テレビ提供
1 / 9
「ネメシス」に出演する加藤諒さん(左)=日本テレビ提供

 広瀬すずさんと櫻井翔さんがダブル主演を務める連続ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、俳優の加藤諒さんが出演することが明らかになった。広瀬さん演じる美神アンナがハマっている近所の無国籍料理屋Drハオツーの中国人店主、リュウ楊一役を演じる。

 加藤さん演じるリュウは、中国の雑技団出身の料理人という設定で、アンナや風真尚希(櫻井さん)をアクロバティックな技を駆使して軽やかに救う一幕も。キメているはずがなぜか笑わずにはいられない、加藤さんのキャラが際立つ役どころになっている。

 さらに、ともさかりえさん、野間口徹さん、渋川清彦さんの出演も発表。第5話で描かれる、リュウが長年取引しているブランド魚“天狗サーモン”の養殖業を営む天久潮(渡辺哲さん)の転落死事件で、ともさかさんが潮の後妻・郁子、野間口さんが潮の長男・一魚(かずお)、渋川さんが、潮の義理の弟の洋をそれぞれ演じる。次男の二魚(ふたお)を、舞台での活躍で知られる大鶴佐助さん、三男の三魚(みつお)には、「君と世界が終わる日」にも出演した堀家一希さん、その彼女役を小西桜子さんが演じる。

 また、既に「20年前の事件」の関係者・神田水帆役で出演している真木よう子さんが、“神田凪沙”として一人二役で再登場することも発表された。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る