着飾る恋には理由があって:“葉山”向井理に「早く戻ってきて!」「貴方の出番」の声 回想シーンの笑顔にキュン

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんが主演を務め、俳優の横浜流星さんも出演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が5月4日に放送された。「el Arco Iris」の代表取締役社長を突然辞任し、行方がわからなくなっている葉山祥吾を演じる向井理さんについて、視聴者からは「向井理が出てこない」「向井理はよ戻ってきて」「どうしても向井理さん演じる葉山社長が気になる」などの声が続々と上がっていた。

 第3話では、真柴(川口さん)が、片思いをし続けていた葉山について、思いをはせる場面が描かれた。新人時代、真柴らにうな重をごちそうしてくれた葉山。隣に座っていた真柴に、葉山が「傘袋、拾ったよね? 面接のとき、エレベーター前で落ちていた傘袋を拾ってた。あの子は戦力になる。そう思ったよ」と笑顔で話し……というシーンだった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#着飾る恋には理由があって」がトレンド1位になるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「うなぎの回想シーンで葉山社長がみれて、幸せでした。笑顔でキュンキュンした」「向井理に鰻奢られたい」「鰻を食べさせてくれる人たらし向井理社長」などの声が上がった。

 また、同話では、真柴が、横浜流星さん演じる駿と良い雰囲気に。駿から「たぶん好きだね」と“告白”される展開で、SNSでは「向井理さんのとのことはどうなった? 好きだったんだよね?」「葉山社長再登場での駿が心配だ」「向井理! 貴方の出番だよ! 早く戻ってきて!」「後半にかけての向井理めちゃくちゃ楽しみにしてます」「ここから向井理どうやって戻ってくるの?」など、さまざまなコメントが並んでいた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る