カラフラブル:板垣李光人&草川拓弥が“美少年ユニット”結成! ドラマで使う“宣材写真”公開

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」内でユニット「ユニコーンボーイズ」に扮(ふん)する草川拓弥さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」内でユニット「ユニコーンボーイズ」に扮(ふん)する草川拓弥さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供

 吉川愛さんと板垣李光人(りひと)さんダブル主演の連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第6話が、5月6日に放送される。第6話では板垣さん演じるジェンダーレス男子・周(めぐる)が、ダンス&ボーカルグループ「超特急」の草川拓弥さん演じるささめと“美少年ユニット”「ユニコーンボーイズ」を結成する。放送に先駆け、ドラマで使われる2人の“宣材写真”が公開された。

 写真には、チェック柄のスーツに身を包んだ周とささめが、向かい合わせや背中合わせでぴたりと寄り添う姿が写し出されている。それぞれのソロカットもある。

 ドラマは、マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさん作「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちなヒロイン・和子(吉川さん)と、メークとファッションを自由に楽しむ周の恋模様を描く。

 第6話では、周がタレントデビューを決意し、デビューするにあたってユニットを組むことに。周のパートナーになるのは、SNSですでに注目を集めているささめ。事務所社長の奥田(塩野瑛久さん)は、周とささめを見て、性別を超えた新しい魅力を持つ新時代のユニットにすると宣言し、宣材写真のイメージについて「綿菓子のようなふんわりと夢のような空間を作ろう!」と意気込む。まくしたてる奥田に周は戸惑い、ささめは奥田の機嫌を取りながらも、奥田が去っていくとすぐ仏頂面に戻り……というストーリー。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る