成田凌:「おちょやん」“テルヲ”役のトータス松本登場で“一平”自虐「いま一番嫌われている男2人」 “小暮”若葉竜也も

映画「くれなずめ」の公開記念舞台あいさつに登壇した成田凌さん(左)とトータス松本さん
1 / 11
映画「くれなずめ」の公開記念舞台あいさつに登壇した成田凌さん(左)とトータス松本さん

 俳優の成田凌さんが5月15日、東京都都内で行われた主演映画「くれなずめ」の公開記念舞台あいさつに出席した。途中、5月14日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」で共演し、今作の主題歌を歌う「ウルフルズ」のトータス松本さんがサプライズで登場。ヒロイン・千代(杉咲花さん)の夫で、不倫のすえ離婚する一平役を演じていた成田さんは、「うれしい。鳥肌が立ちました」と喜ぶも、千代のダメな父親テルヲ役だったトータス松本さんに、「なかなかいいんじゃないですか。日本でいま一番嫌われている男2人(笑い)」と自虐的に話し周囲を笑わせていた。

 舞台あいさつには、高良健吾さん、若葉竜也さん、藤原季節さん、目次立樹さん、松居大悟監督も出席した。成田さんのコメントに「(一平は)嫌われてたな(笑い)」とうなずくトータス松本さんに、成田さんは「お互い様ですよ」とにっこり。

 同じく千代の初恋相手で撮影所の助監督・小暮真治役で出演していた若葉さんは、「僕は嫌われていないですけどね! おいしいところだけもらって“小暮ロス”を生んで帰ってきました」とちゃめっ気たっぷりに話した。

 映画は、松居監督が自身の実体験をモチーフにした完全オリジナルの舞台劇を映画化。高校時代に帰宅部だった6人が5年ぶりに集まって友人の結婚披露宴で余興を披露し、その後、披露宴と二次会の間の“狭間”の時間に起きた出来事を描く。

写真を見る全 11 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る