乃木坂46:伊藤純奈&渡辺みり愛のラストライブ 山崎怜奈が“座長”に 「アンダーライブ2021」

乃木坂46が5月26日に開催した「アンダーライブ2021」の様子
1 / 15
乃木坂46が5月26日に開催した「アンダーライブ2021」の様子

 アイドルグループ「乃木坂46」のアンダーメンバーが5月26日、「アンダーライブ2021」を無観客の配信形式で開催した。ライブでは、6月9日発売の新シングル「ごめんねFingers crossed」に収録されるアンダー曲「錆びたコンパス」で初のセンターを務める山崎怜奈さんが、“座長”となり、中心として公演を盛り上げた。また、5月16日にグループからの卒業を発表した伊藤純奈さんと渡辺みり愛さんにとって、最後のライブとなった。

 ライブは、序盤で「錆びたコンパス」「風船は生きている」「My rule」「ここにいる理由」と、歴代のアンダー曲を立て続けにパフォーマンス。中盤では「Route 246」「Out of the blue」などシングルの表題曲やユニット曲を披露した。「ショパンの嘘つき」では、伊藤さんが歌唱し、渡辺さんがダンスするという、卒業メンバー同士のコラボもあった。終盤では、「自惚れビーチ」「誰よりそばにいたい」など人気のアンダー曲が披露された。ライブ中には、リアルタイムでファンのツイッターでの投稿をステージの画面上に映し出すなどの演出もあった。

 アンコールでは、伊藤さんと渡辺みりさんからファンへあいさつ。渡辺さんは「自分がダメになりそうになったとき、私を見捨てずに一番近くにいていただいたファンの皆さんに心から感謝しています。直接皆さんとお会いして伝えられなかったことは残念ですが、本当に8年間、私を支えてくれてありがとうございました」とコメント。

 伊藤さんは、「8年前は何もできなかった私をこうしてステージに立たせていただく所まで育ててくれた皆さんに感謝しています。みり愛と一緒に卒業を発表できたことは本当に心強かったですし、とてもうれしかったです。ファンの皆様、約8年間、応援してくださってありがとうございました。私たちらしく生きていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」と力強く語った。

写真を見る全 15 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る