着飾る恋には理由があって:“祥吾”向井理の宣戦布告に「最強のライバル」の声 スーツ姿も注目「スタイルの良さが爆発」

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんと俳優の横浜流星さんが共演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)第7話が6月1日に放送された。同話のラストでは、向井理さん扮(ふん)する、インテリアメーカー「el Arco Iris」元代表取締役社長・葉山祥吾が、横浜さん演じる駿に「やっと気づけた気がする。君のおかげで」と真柴(川口さん)への思いを明かす展開で、視聴者からは「バッチバチの宣戦布告」「向井理さん最強のライバル役だと思う」「きたぞきたぞきたぞ、向井理のターンッ」などの声が上がった。

 第7話では、以前から気になっていたランプの買い付けをするため、真柴は生まれ育った故郷・初島へ行くことに。祥吾や、駿も初島にやってきて……と展開した。ラストでは、駿から「本当は何しにここに?」と聞かれた祥吾が、「そうだねぇ、本当は真柴に会いに来たのかもしれない。やっと気づけた気がする。君のおかげで」と話すシーンが放送。

 SNSでは、「向井理と横浜流星もどっち選んだらいいか迷うわー」「向井理がカッコ良すぎる」といった声のほか、「向井理のスタイルまじでやばい。スーツを着るとスタイルの良さが爆発する」「向井理の色気と少年感のバランスがえぐすぎる」などの意見も上がっていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事