白石聖:美 少年・浮所飛貴に“胸キュン” 「忘れ物を届けてくれました」

映画「胸が鳴るのは君のせい」の公開記念舞台あいさつの様子
1 / 1
映画「胸が鳴るのは君のせい」の公開記念舞台あいさつの様子

 女優の白石聖さんが6月5日、東京都内で行われた映画「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督)の公開記念舞台あいさつに、主演の「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さん、板垣瑞生さんらと登壇した。今作で、浮所さん演じる男子高生をいちずに思い続けるヒロインを演じた白石さんは、撮影中に、浮所さんに“胸キュン”したエピソードを披露。「学校の撮影で、現場に台本とか自前の靴を忘れてしまったことがあって。それを(浮所さんが)届けてくれました」と語った。

 浮所さんが「忘れていてね。次の現場が一緒だったので、『そこまで持ってくよ』って言って持っていきました」と明かすと、板垣さんは「イケメンですね~」とにっこり。浮所さんは「知ってます~。……うそうそ!」とおどけていた。白石さんは「申し訳ない。ありがとうございました」と照れ笑いしていた。舞台あいさつには、原菜乃華さん、高橋監督も登壇した。

 映画は、2012~2014年に少女マンガ誌「ベツコミ」(小学館)で連載された紺野りささんのマンガが原作。高校生・有馬隼人と、隼人をいちずに思い続ける篠原つかさの、親友のように仲が良い友達同士の片思いが描かれる、甘酸っぱくも切ないラブストーリー。

映画 最新記事