山崎賢人:2歳になるめいからの名前呼びにデレデレ 「賢ちゃんって呼んでくれて可愛いしうれしい」

映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」の公開記念イベントに登場した山崎賢人さん
1 / 21
映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」の公開記念イベントに登場した山崎賢人さん

 俳優の山崎賢人さんが6月6日、東京都内で行われた主演映画「夏への扉 -キミのいる未来へ-」(三木孝浩監督、6月25日公開)の公開記念イベントに登場した。映画の最後に“サプライズ”が起きることや歌手のLiSAさんが歌う主題歌「サプライズ」にちなみ、最近自分に起きたサプライズを聞かれた山崎さんは、「めいが今2歳で(以前は)会うとずっと泣かれていたけど、この間会ったら『賢ちゃん』って呼んでくれるようになって、めっちゃ可愛くてうれしくてサプライズでした」とにっこり。さらに姪めいから呼ばれた際、自身は「賢ちゃんだよって」と返すことをうれしそうに明かした。

 イベントには、清原果耶さん、藤木直人さん、夏菜さん、高梨臨さん、三木監督らも出席。自身に起きたサプライズの話題で夏菜さんは、「私事で大変恐縮なのですが、結婚をさせていただいて」と切り出し、「海でサプライズプロポーズをしてもらい、めちゃめちゃロマンチックで良いと思っていたら、プロポーズ中に5時のチャイムが鳴って。それが一番サプライズでした」と幸せそうな笑顔で話した。

 また公開延期をへての記念イベントに、山崎さんは「公開は延期になってしまっていましたが、(タイトルが)『夏への扉』なので今この6月に公開できるというのは逆に良かったのではと思えるぐらい」とポジティブにコメントし、「やっと公開できるということですごくワクワクしています」と語っていた。

 映画は、1956年にアメリカで発表された、ロバート・A・ハインラインの名作タイムトラベル小説が原作。1995年の東京、科学者の高倉宗一郎(山崎さん)は、信頼していた共同経営者と婚約者に裏切られ、冷凍睡眠させられてしまう。2025年に目を覚ました宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う……というストーリー。

写真を見る全 21 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る