東京リベンジャーズ:親友“アッくん”磯村勇斗が登場 「助けてくれ…泣き虫のヒーロー…」のセリフも キャラクターPV第3弾

映画「東京リベンジャーズ」のワンシーン(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」のワンシーン(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、7月9日公開)のキャラクターPV第3弾が6月9日、公開された。主人公・花垣武道(北村さん)と親友・アッくん(磯村勇斗さん)の映像が収められている。アッくんの「みんなを助けてくれ……泣き虫のヒーロー……!」というセリフや、現代の武道が「アッくん!!」と叫ぶ場面もある。

 フリーターとしてどん底の生活を送っていた武道は、人生唯一の彼女だった橘日向(今田美桜さん)が事故に巻き込まれて死亡したことをきっかけに、高校時代にタイムリープ。彼女が死ぬ未来を変えるために奮闘する。10年前に戻った武道は、親友のアッくんら“溝高五人衆”と再会。一緒にバカをやっていたメンバーとの日々を懐かしみ、アッくんと土手を二人乗りの自転車で走る姿などが描かれている。

 映画は、「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)が原作。壁の薄いボロアパートに住むフリーターの花垣武道はある日、元恋人の橘日向と、その弟・直人が、関東最凶の組織・東京卍曾に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落した武道は、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。日向を救うため、逃げ続けた人生を変えるため、武道は東京卍曾に挑む……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る