着飾る恋には理由があって:“葉山”向井理の全力疾走に視聴者興奮 「スタイル良すぎ」「イケメンすぎ」

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第8話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんと俳優の横浜流星さんが共演する連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)第8話が6月8日に放送された。向井理さん扮(ふん)する、インテリアメーカー「el Arco Iris」元代表取締役社長・葉山祥吾が、川口さん演じる真柴の元に向かって走る場面が登場。視聴者からは、「街を駆け抜ける向井理がイケメンすぎ」「真柴のために荷物抱えて本気ダッシュする向井理社長に大興奮」などの声が上がった。

 第8話では、真柴と駿(横浜さん)の関係を知った香子(夏川結衣さん)が、ふたりにフレンチレストランの大人のデートをプレゼント。デート当日、駿は仕事が延びてしまい、約束の時間に間に合わず。急いで真柴の元へ走るが、携帯電話を持たない駿と真柴はすれ違ってしまう。

 そんな中、駿が約束の時間に間に合わなくなってしまったことを知った葉山は、香子に駿の代わりにレストランへ行っても良いか確認しながら、「フルコース1人は寂しすぎるかなって。真柴には世話になりっぱなしで、だからいつも笑っていてほしいので」と思いを明かす。真柴の元へ、荷物を抱えながら全力で走る葉山は、駿より一足先に到着。真柴と一緒にタクシーに乗り込んで……と展開した。

 SNSでは、「ダッシュする向井理がカッコ良すぎる」「うれしそうに走って向かう向井理が可愛すぎた」「向井理の脚の長さに目がいく」「向井理さんスタイル良すぎ」などの声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る