中川大志:23歳サプライズバースデー 新木優子、田中みな実が歌で祝福

7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の撮影で誕生日を祝福された中川大志さん(中央)=読売テレビ提供
1 / 1
7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」の撮影で誕生日を祝福された中川大志さん(中央)=読売テレビ提供

 6月14日に23歳の誕生日を迎えた俳優の中川大志さんのバースデーサプライズが、7月から放送される主演連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の収録現場で行われた。花束を贈られた中川さんは「皆さん、ありがとうございます! 大変な撮影スケジュールですが、体調に気を付けながら最後まで頑張りましょう!」と呼びかけた。

 サプライズには、ドラマに出演している新木優子さん、田中みな実さん、中尾明慶さん、永田崇人さん、小西はるさんが参加した。新木さん演じるマンガ家・鳴宮美月の受賞記念パーティーのシーンで、リハーサルが終わると星野和成監督がギターを持って登場。星野監督のギターに合わせて、キャストとスタッフが中川さんに向けて「Happy Birthday to You」を歌って、お祝いしたという。

 ドラマは、映画「翔んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」や連続ドラマ「グッド・ドクター」「ルパンの娘」(ともにフジテレビ系)などの徳永友一さんが脚本を手掛けるオリジナル作品。育ての親が“伝説の殺し屋”とは知らずに、最高に“間が悪い”殺し屋へと成長した男虎柊(おのとら・しゅう、中川さん)が、ターゲットの美月に禁断の恋をする、スリリングなラブコメディー。7月4日から放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る