中島健人:小芝風花を後ろから“あごギュイ” 「彼女はキレイだった」ポスタービジュアル LiLiCoら追加キャストも

7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供
1 / 8
7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」のポスタービジュアル=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演で、7月6日スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)から、ポスタービジュアルと場面写真が6月16日、公開された。ポスタービジュアルには中島さんが後ろから小芝さんを抱きしめて、口元を優しく押さえる、“あごクイ”ならぬ“あごギュイ”する姿が収められている。

 「彼女はキレイだった」は、韓国の同名ヒットドラマが原作のラブストーリー。さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介(中島さん)と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛(小芝さん)という真逆の成長を遂げた2人のすれ違う初恋を描く。初回は15分拡大で放送される。

 併せて、LiLiCoさん、木村祐一さん、菅原大吉さんの出演も発表された。LiLiCoさんは宗介が副編集長を務めるファッション誌「ザ・モスト」の編集長・池沢蘭子、木村さんは「ザ・モスト」を廃刊にしたいと思っている出版社の常務で、本作オリジナルキャラクターとなる岸田庸司、菅原さんは経営していた印刷所が倒産してしまった愛の父親・佐藤豊を演じる。

 LiLiCoさんは自身の役について、「LiLiCoという感じはあまり出したくないので、演じる編集長の蘭子をイメージして髪の毛を勝手に上げてみたりしたんですが、すごくいいと監督にも言っていただけたので、いろいろ相談させていただきました」と裏話を披露。ドラマは「とにかくインテリアやファッションがすごくポップで元気がもらえる」といい、「みなさんの働く原動力になってもらえるといいなと思います」と話している。

 木村さんは「ドキドキしながら感情の入りそうなドラマで、宗介と愛の恋愛の行方も、愛ちゃんがどう変貌していくのかも楽しみの一つですね。健人くんの衣装にも注目です!」とアピール。菅原さんは「久しぶりにほっこりする人間味のある明るいドラマに出られて本当にうれしい」と喜び、「安心して楽しめるドラマであるので、主人公と一緒にときめいてハラハラドキドキしていただければと思います」と呼びかけている。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る