菅田将暉:“火10枠”で相手役を演じてほしい俳優1位に 「恋愛ドラマの出演が少ない」との声

「次に火10枠で相手役を演じてほしい俳優」1位に輝いた菅田将暉さん
1 / 1
「次に火10枠で相手役を演じてほしい俳優」1位に輝いた菅田将暉さん

 動画配信サービスの情報サイト「1Screen(ワンスクリーン)」を運営するviviane(ビビアン)が調査したウェブアンケート「次に火10枠(TBSの火曜午後10時のドラマ枠)で相手役を演じてほしい俳優は?」によると、俳優の菅田将暉さんが1位に輝いた。2位は吉沢亮さん、3位は山崎賢人さんと続いた。

 調査は5月20~23日、ドラマが好きな全国の10~60代の男女500人を対象に、ウェブアンケートで実施。有効回答500のうち、菅田さんが67票を獲得して1位に選出された。菅田さんに投票した人の理由としては、「人気なのに恋愛ドラマの出演が少ないので、火10枠でキュンキュンする恋愛ドラマの主演を演じてほしいです!」「演技もうまくどんな役でもこなすイメージの俳優さんですが、恋愛ドラマのイメージがあまりありません。連ドラで爽やかな恋愛ドラマに出ているのを見てみたい」「いろんな役柄をこなせて、見ているこっちが引き込まれる演技だから」などの回答が集まった。

 2位の吉沢さんは64票、3位の山崎さんは59票を獲得した。4位は55票の高橋一生さん、5位は52票の坂口健太郎さん、6位は40票の岡田将生さん、7位は33票の成田凌さん、8位は32票の竹内涼真さん、9位は31票の間宮祥太朗さん、10位は28票の新田真剣佑さんだった。

 年代別の調査結果だと、20代、40代、50代で1位に選ばれたのは吉沢さんだった。一方、菅田さんは20代で2位、30代で1位、40代で1位(吉沢さんと同率)、50代で3位と、幅広い世代から根強い支持を受けた結果、僅差で1位に輝いた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る