舞妓さんちのまかないさん:テレビアニメがNHK・Eテレで10月スタート 

「舞妓さんちのまかないさん」のビジュアル(C)小山愛子・小学館/NHK・NEP
1 / 5
「舞妓さんちのまかないさん」のビジュアル(C)小山愛子・小学館/NHK・NEP

 「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の小山愛子さんのマンガが原作のテレビアニメ「舞妓さんちのまかないさん」が、NHK・Eテレで10月から放送されることが分かった。同作は、国際サービス・NHKワールドJAPANでも2月から配信されている。

 「舞妓さんちのまかないさん」は、京都の花街を舞台に、中学卒業後、舞妓(まいこ)に憧れて故郷の青森を離れ、京都にやって来た少女・キヨが“まかないさん”として食事を作る姿を描いたマンガ。2016年に「週刊少年サンデー」で連載が始まった。

 アニメは、「UQ HOLDER!」などの鈴木洋平さんが監督を務め、「とある魔術の禁書目録」などのJ.C.STAFFが制作する。声優の花澤香菜さんが舞妓に憧れ京都にやって来た少女・キヨを演じるほか、M・A・Oさん、高山みなみさんらが声優として出演する。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る