東京リベンジャーズ:原作、アニメ、映画コラボで渋谷ジャック 「SHIBUYA WALL-JACK」特別ポスター公開

映画「東京リベンジャーズ」の「SHIBUYA WALL-JACK」特別ビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 2
映画「東京リベンジャーズ」の「SHIBUYA WALL-JACK」特別ビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の和久井健さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作の実写映画「東京リベンジャーズ」(英勉監督)が7月9日に公開されることを記念し、原作、実写映画、テレビアニメがコラボした企画「SHIBUYA WALL-JACK」が実施されることになり、特別ビジュアルが公開された。原作、実写映画、テレビアニメそれぞれの花垣武道(タケミチ)、佐野万次郎(マイキー)、龍宮寺堅(ドラケン)がデザインされている。

 「SHIBUYA WALL-JACK」は、マイキーらが所属する東京卍會の活動拠点である東京・渋谷とコラボした企画。特別ビジュアルを使用したポスター120枚が、渋谷センタービルボード、スペイン坂、Shibuya TSUTAYA O-WESTほか17カ所に掲出され、渋谷を“ジャック”する。期間は7月1~14日。内容は予告なく変更される場合がある。

 同作は「新宿スワン」などで知られる和久井さんが「週刊少年マガジン」で2017年に連載を開始。人生どん底のダメフリーターのタケミチが、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるためにリベンジする姿を描く。タケミチは、中学時代の恋人・ヒナタが、最凶最悪の悪党連合・東京卍會に殺されたことを知り、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープする。テレビアニメがMBS、テレビ東京ほかで放送中。

 「SHIBUYA WALL-JACK」について、関係者は「本件に関してビルや店舗へのお問い合わせはご遠慮ください」「撮影の際は、安全に注意し交通の妨げにならないようよろしくお願いいたします(万が一の場合は掲出を中止させていただく場合もございます)」としている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る