関水渚:制服姿で始球式 足ガクガク ノーバンならず

横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ戦の始球式に登場した関水渚さん(C)YDB
1 / 5
横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ戦の始球式に登場した関水渚さん(C)YDB

 青春×女子高生×高校野球がテーマのスマートフォン向けゲーム「八月のシンデレラナイン」が原案のドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。(ハチナイ)」(テレビ東京ほか)で主演を務める女優の関水渚さんが6月18日、東京ドーム(東京都文京区)で開催されたプロ野球・横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ戦の始球式に登場した。関水さんは制服姿でボールを投じ、ノーバウンドとはならず、ワンバウンドでキャッチャーミットに収まった。

 始球式には、関水さんと共にドラマで主演を務める俳優の仲村トオルさんも登場し、力強いスイングを見せた。関水さんは「先ほど、私の人生初の始球式が終わりました。今までに体験したことのないほど緊張して足がガクガクしてしまったんですけど(笑い)、仲村さんが『大丈夫だ』と言ってくださって……。それがすごく自信につながって始球式を楽しむことができました。貴重な経験をありがとうございました!」と話した。

 ドラマは、夏休みにバッティングセンターでアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水さん)と47歳の謎の元プロ野球選手・伊藤智弘(仲村さん)が、バッティングセンターに現れる女性たちの悩みを、野球論で例えた独自の人生論で解決する……というストーリー。テレビ東京ほかで7月7日から毎週水曜深夜1時10分に放送。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る