佐藤健:江口洋介と客席で「るろうに剣心」鑑賞も「全然バレない」 2人で歌舞伎町デートも

映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のIMAX舞台あいさつイベントに登場した佐藤健さん(左)と江口洋介さん
1 / 11
映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のIMAX舞台あいさつイベントに登場した佐藤健さん(左)と江口洋介さん

 俳優の佐藤健さんが6月20日、東京都内で行われた主演映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のIMAX舞台あいさつイベントに、江口洋介さんとサプライズで登場した。この日、大友啓史監督と共に佐藤さん、江口さんも変装して映画を鑑賞。上映後に正体を明かすと、会場から大きな拍手が巻き起こったが、佐藤さんは「意外と全然バレない」と楽しそうに話し、江口さんも「全然バレない」と笑顔でうなずいていた。

 佐藤さんが「たまたま時間が空いて、まだ『The Beginning』をIMAXで見られておらず見たいなと思っていたら、たまたまスケジュールが江口さんと合って」とちゃめっ気たっぷりに経緯を説明すると、江口さんも「本当にたまたま合って(笑い)」とにっこり。さらに江口さんが、「待ち合わせをして、歌舞伎町をさっと歩いてきた」と話し、佐藤さんも「歌舞伎町を2人で堂々と歩いてきたけど全然バレなかった」と“デート”を満喫したことを語った。

 IMAXで初めて本作を鑑賞した感想を聞かれた佐藤さんは、「もはやせりふを足していません? 普通の劇場では言っていないせりふを剣心が言っていたりしません?」と不思議がると、大友監督は「音の層の聞こえ方とかが違うからクリアにはなっていると思う」とそう聞こえる理由を解説。聞いていた佐藤さんは「全然違いましたね。映像も目の中の輝きによってキャラクターの感情の見え方が変わってくると感じた」と感心していた。

 最終章は「The Final」「The Beginning」の2部作連続公開で、剣心の“十字傷の謎”に迫る物語と、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり志々雄真実を操っていた“シリーズ最恐の敵”雪代縁との戦いを、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の二つの時代を通して描く。

写真を見る全 11 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る