七つの大罪:特番「最後に大罪人集結SP」放送 梶裕貴、雨宮天がマル秘裏話 倉科カナ、麒麟・川島明も

「公開直前『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』見なきゃ損!!最後に大罪人集結SP」のイメージ(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会
1 / 2
「公開直前『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』見なきゃ損!!最後に大罪人集結SP」のイメージ(C)鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

 鈴木央(なかば)さんの人気マンガが原作のアニメ「七つの大罪」の新作劇場版「七つの大罪 光に呪われし者たち」(浜名孝行監督、7月2日公開)の公開を記念し、スペシャル番組「公開直前『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』見なきゃ損!!最後に大罪人集結SP」が、6月30日午後5時10分からテレビ東京系で放送されることが分かった。同作はテレビアニメ最終章「七つの大罪 憤怒の審判」の最終回が6月23日にテレビ東京系で放送された。スペシャル番組は、メリオダス役の梶裕貴さん、エリザベス役の雨宮天さんが出演し、約7年にわたって放送されたテレビシリーズを振り返る。“マル秘”裏話も飛び出すという。

 番組には、劇場版でゲスト声優を務める女優の倉科カナさん、お笑いコンビ「麒麟」の川島明さんも出演。劇場版の魅力、おすすめシーンについて語られるほか、「みなさんはじめましてのコーナー」では、出演者それぞれが気になる質問をぶつけ合う。

 ロックバンド「ポルノグラフィティ」の岡野昭仁さんが歌う劇場版の主題歌「その先の光へ」のコラボムービーもYouTubeで公開された。主題歌は梶さん、雨宮さんがコーラス参加していることも話題になっており、コラボムービーには劇場版の映像が使用されている。

 「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載。かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の逆賊・七つの大罪の戦いが描かれた。同作の“正統続編”となる「黙示録の四騎士」の連載が、1月に同誌でスタートしたことも話題となった。

 テレビアニメ第1期が2014年10月~2015年3月、「聖戦の予兆」が2016年8~9月、「戒めの復活」が2018年1~6月、「神々の逆鱗」が2019年10月~2020年3月に放送。2018年8月には初の劇場版「天空の囚われ人」も公開された。テレビアニメの最終章「七つの大罪 憤怒の審判」が、1~6月に放送された。新作劇場版は、鈴木さん描き下ろしの完全新作ストーリーで、テレビアニメの最終章「七つの大罪 憤怒の審判」の“その先”が描かれる。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る