梅山恋和:NMB48の“次世代エース” シングル曲で「ソロセンター」が目標

「花の甲子園2021」のイベントに出席した「NMB48」の梅山恋和さん
1 / 1
「花の甲子園2021」のイベントに出席した「NMB48」の梅山恋和さん

 アイドルグループ「NMB48」の“次世代エース候補”として注目されている梅山恋和(ここな)さんが6月23日、京都府内で開催された高校生華道コンクール「Ikenobo花の甲子園2021」のイベントに出席。今後の活動の夢について聞かれ、「シングル(曲でのソロ)センターを目標にしていて、ダブルセンターは一度やらせていただいたのですが、ソロセンターはまだかなえられていないので、目標にして頑張りたいと思います」と抱負を語っていた。

 同コンクールのアンバサダーを務める梅山さんは、イベントで生け花を初体験。出来栄えについて「100点満点中、100点! 初めてなので自分に優しく、100点をあげたいと思います」と甘口採点。「次回は120点を目指して頑張りたいと思います」と意気込んだ。梅山さんの生け花は6月25日午後5時まで、京都市内にあるビル「WEST18」の1階で展示される。

 「Ikenobo花の甲子園」は2009年に始まったコンクール。生け花を学ぶ高校生3人が1チームとなり、作品を制作し、思いをプレゼンテーションする。エントリーを7月30日まで受け付け、8地区でリモート地区大会を開催。勝ち残ったチームが参加する全国大会が、11月14日に京都市内で開催される。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る