笹生優花選手:全米女子オープン優勝の実感「あまりない」 「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に「集中」

笹生優花選手 Getty Images
1 / 5
笹生優花選手 Getty Images

 LPGA女子ゴルフツアー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」が6月24日から米ジョージア州アトランタ・アスレチック・クラブで開幕する。WOWOWで連日生中継、ライブ配信される。日本からは、今月3~6日に行われた「全米女子オープン」で優勝した笹生優花選手、同大会2位だった畑岡奈紗選手、東京五輪代表入りへのラストチャンスを狙う渋野日向子選手らが出場する。笹生選手、畑岡選手、渋野選手がそれぞれ大会への意気込みを語った。

 ◇笹生優花選手のコメント

 --全米女子オープンから2週間たちましたが、改めてメジャーチャンピオンだと実感しますか?

 特にそういう気持ちはあまりないです。今は今週に集中したいです。

 --ローリー・マキロイ選手にもお会いしたと思いますが、どうでしたか?

 すごく優しい方でしたし、いろいろアドバイスをもらえて、感謝の気持ちです。

 --メディア対応などで忙しかったと思いますが、どんな2週間を過ごしましたか?

 USGAやLPGAのスタッフの方々がサポートをしてくれたので、メディアの対応とかも全然つらくなかったですし、逆にそのおかげで自分もちゃんと休めたので、本当にありがたいです。

 --クラブセッティングに行ったと聞きましたが、セッティングを変えたりしましたか?

 変えてはいないです。

 --調子はどうですか?

 2週間試合に出られなかったので、まだちょっと分からないです。

 --今回はメジャーチャンピオンとして初めてのトーナメントですが、コースの印象はいかがですか?

 4日間ずっと雨だと思いますが、ゴルフ場はすごく奇麗ですごく距離が長い印象です。ショットはまだ大丈夫なのですが、パットに不安が多少あります。

 --笹生選手のようにロングヒッターは有利だと思いますが、その辺がキーポイントになりそうですか?

 フェアウエーにいっぱい入って、グリーンにも乗っかったら良いんじゃないかなと。

 --コンディション的には結構濡れていると話していましたが、グリーンスピードとかにも影響はありますか?

 フェアウエーは結構ぬれていましたが、グリーンはすごくきれいで雨が降ったような感じには思えなかったです。

 --今回から計測機が使えると思うのですが、その辺はどう感じますか?

 すごく良いと思います。(ラウンドが)早くなるんじゃないかなと思います。

 --実際に今週使ってみようと思いますか?

 ちょっとまだ分からないですね。ずっと歩測していたので、キャディーさんと話して決めたいと思います。

 --メジャーチャンピオンとして挑む今週のメジャー、意気込みをお願いします。

 楽しんで、良いゴルフができるように頑張りたいと思います。

 ◇畑岡奈紗選手のコメント

 --先週はしっかりと最終日を伸ばして戦い終えましたが、手応えはどうですか?

 初日は良いスタートができましたが、やはり4日間通してスコアを出さなきゃいけないという事はすごく大変だなと感じました。もっと安定したプレーができたらいいなと思ってます。

 --だんだん調子が上がって、良い形で今週を迎えたように思いますが?

 まだ100%の状態ではないところがありますが、コースでもたくさん良いショット打てていますし、徐々に自信をつけていけているのかな、と思います。

 --スイングの部分ではテイクバックを意識していると言っていましたが、その部分やトップの位置はどうですか?

 だいぶ位置的にも安定してきていると思います。

 --コースの印象はどうですか?

 雨が降った影響でフェアウエーが柔らかくてランが出ないので、コースとしてはより長く感じるところだったり、池が絡んでくるホールが多いので面白いコースだなと思います。

 --コースのどのあたりがキーポイントになりますか?

 フェアウエーは日本の芝やアーカンソーの芝に似ていて、打ったときの感触はすごく良いのと、ラフが思ったより長くないんですけど、水を含んでいるとすごく重かったりするので、ティーショットをフェアウエーに運ぶというところです。今のところグリーンはすごく柔らかいので、キャリーでピンを狙っていけるんじゃないかなと思ってます。

 --今週はどう攻めていきたいですか?

 今週は2パットでパーをしっかりセーブするというところも大事になってくると思います。池が絡んでいるホールもあるので、ロングパットが残ってもあまり無理な攻めはしないほうがいいのかなと思っています。

 --今週から計測器を使うことができますが、どう感じますか?

 いつもだったらフェアウエーにペイントがあって歩測してできるのですが、今週はヤーデージの真ん中に印がなくて、アングルによっては2~3ヤード違ってしまうところがあるので、チェックする意味で使うのはすごくいいなと思います。

 --毎年この大会では手ごたえがあるように感じますが、この大会の印象はどうですか?

 コースは毎年変わっていますが、イメージはいいですね。

 --今週に向けて意気込みをお願いします。

 調子も上がってきているので4日間自分らしいプレーをして、スコアを出せるように頑張りたいと思います。

 ◇渋野日向子選手のコメント

 --全米女子オープンから2週間ほどたちましたが、どのように過ごしていましたか?

 ほぼ毎日練習していました。

 --今週に向けて取り組んだ部分などはありますか?

 特にショットは今まで通りしっかり練習をして、あとはアプローチとパターについては全米女子オープンですごく悔しかったので、そこの練習を多めにしました。

 --取り組んでいるスイングも自分のものになってきているように見えますが、手応えはどうですか?

 アメリカに来てから約3カ月たって、だんだんと自分の縦距離が把握できるようになって、距離を合わせて打てるようになったので、すごくショットについては手応えを感じます。

 --短期間でまたもやメジャーですが、このコースの印象はどうですか?

 全米女子オープンに比べてラフも短くなってグリーンもちょっと遅めなので、私の好きなコースではあるなという感じではあるんですが、落とし穴もたくさんあるので、かなり注意したいと思っています。

 --コースのどのあたりがキーポイントになると思いますか?

 ティーショットでフェアウエーに行っても狙いにくいところが多かったりとか、グリーンを外してしまうと奥はかなり難しいアプローチになってしまうところが多いので、ティーショットはできるだけセカンドが打ちやすいところに置くことが重要かなと思います。なので、セカンドショットをバーディーチャンスにつけれるようなショットが打てるように頑張りたいのと、外したときのアプローチがしっかり乗せられるかどうか。パーは取れそうにないなと思ったら、ボギーでもオーケーというふうに割り切れるようなゴルフができたらいいなと思います。

 --今週は計測器が使えるようになりますがどうですか?

 使ってオーケーと言われても使いづらいというか(笑い)。間違えて誤操作してしまったら怖いので自分ではちょっと使わないです。キャディーさんにお任せします。

 --全米女子オープンでは笹生選手が優勝しましたが、どんな印象を持ちましたか?

 奈紗ちゃんと優花の2人でのプレーオフなのでテレビで見たんですけど、すごく自分もドキドキして手に汗握りながら見ていました。本当に2人のプレーはすごく刺激になりましたし、自分ももっと頑張らなきゃな、という気持ちになったので、あそこで勝ちきる優花はすごいなと思います。

 --オリンピックの出場権がかかった最後の試合になりますが、オリンピックに対する思いはどうですか?

 1年延期になってから、自分の中でもあまり気にしないようにしていたのですが、やはり出たいなという思いもありますし、今4番手ではあるのでかなり厳しい状態ではありますが、あまり気にすることなく回れたらいいかなと思っています。なるべく上位に食い込んで、まだチャンスがある位置ではあるので、自分の最大限の力を出することができれば、まだまだ可能性があるので頑張っていこうと思います。

 --もう一つの目標である来期のLPGAツアーの出場権の獲得について、そこを目指している自身の今シーズンの戦いぶりを少し振り返っていただけますか?

 来季の出場権獲得を目標にポイントを稼ぐか優勝か、というので3カ月戦おうと思ってはいたんですけど、なかなか思うようなゴルフができずに予選落ちも何回もしてしまって、というような感じでした。そんな中でどこが成長したのか、と思うとなかなか自分でも分からないのですが、Qスクール(認定試験)に向けてこの3カ月は本当にいろいろなことを学べましたし、あと約半年の時間があるので、しっかりQスクールに向けて頑張りたいと思います。

 --今週に向けて意気込みをお願いします。

 メジャーで予選落ちが続いているので、しっかり4日間戦って良い気持ちで終えられるように頑張りたいと思います。

 *……WOWOWではKPMG全米女子プロゴルフ選手権の模様をWOWOWライブで生中継する。1日目前半は6月24日深夜0時から、1日目後半は同月25日午前6時から、2日目前半は同日深夜0時から、2日目後半は同月26日午前6時から、3日目は同日午後11時から、最終日は同月27日深夜1時から放送。1日目前後半は無料放送。WOWOWオンデマンドでは「畑岡・渋野・笹生 専用カメラ」が配信。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る