長澤まさみ:「ドラゴン桜」最終回の“最強助っ人”に言及 「この人たちじゃなかったら誰が最強なんだろうというメンバー」

長澤まさみさん
1 / 1
長澤まさみさん

 6月27日に最終回を迎えるTBS系の連続ドラマ「ドラゴン桜」(日曜午後9時)。同日午後2時から放送された事前番組「涙の合格発表直前!出演者特別インタビュー付き総復習SP!」では、水野直美を演じる長澤まさみさんが、最終話に登場する“最強助っ人”について言及。「この人たちが最強じゃなかったら誰が最強なんだろうというようなメンバーが、この作品に登場すると思います」と明かし、「それも楽しみにしていただけたら」と見どころを語った。

 今作は、2005年に同局の金曜ドラマ(金曜午後10時)枠で放送され、社会的ブームとなった学園ドラマの続編。元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部寛さん)が、経営破綻寸前、偏差値32の龍海学園の再建を目指すべく、東大合格者輩出に挑む様を描く。

 最終話は、学園売却計画で教頭の高原浩之(及川光博さん)の裏切りに遭い、危機的状況に陥った桜木と水野。そんな中、桜木は「頼もしい助っ人を用意した」と“最強助っ人”を呼んでいて……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る