竜とそばかすの姫:細田守監督作品初のIMAX上映 花に囲まれたベルの新ビジュアルも

「竜とそばかすの姫」のIMAX版のポスタービジュアル(C)2021 スタジオ地図
1 / 1
「竜とそばかすの姫」のIMAX版のポスタービジュアル(C)2021 スタジオ地図

 「時をかける少女」「サマーウォーズ」などで知られる細田守監督の新作劇場版アニメ「竜とそばかすの姫」(7月16日公開)のIMAX版が、38の劇場で上映されることが6月30日、分かった。細田監督の作品がIMAX上映されるのは初めて。7月16日の全国公開から、IMAX版も上映される。花に囲まれた歌姫ベルを描いたIMAX版のポスタービジュアルも公開された。

 細田監督は「私が最初にIMAXで見たのは、アレクサンドル・ペトロフ監督『老人と海』でした。この『竜とそばかすの姫』もIMAX上映していただき、大変光栄に思います。ありがとうございます」とコメントを寄せている。

 「竜とそばかすの姫」は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずが、超巨大インターネット世界<U(ユー)>と出会い、成長していく姿を描く。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もう一つの現実”と呼ばれる超巨大インターネット世界<U>と出会い、ベルというアバターで参加することになる。心に秘めてきた歌を歌うことで、あっという間に世界に注目される存在となっていくベル(すず)の前に竜の姿をした謎の存在が現れる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る