東京リベンジャーズ:“マイキー”吉沢亮がほえる「愛美愛主潰すぞ!」 キャラクターPV第7弾はトーマンチーム

映画「東京リベンジャーズ」の場面写真(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 5
映画「東京リベンジャーズ」の場面写真(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、7月9日公開)のキャラクターPV第7弾が7月7日、公開された。“東京卍會”(トーマン)の登場人物にスポットを当てた映像で、マイキー(吉沢亮さん)、ドラケン(山田裕貴さん)、ミツヤ(眞栄田郷敦さん)、パーちん(堀家一希さん)たちの活躍が映し出されている。

 原作は「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)。壁の薄いボロアパートに住むフリーターのタケミチ(北村さん)はある日、元恋人のヒナタ(今田美桜さん)と、その弟・ナオト(杉野遥亮さん)が、関東最凶の組織・東京卍曾に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは東京卍曾に挑む……というストーリー。

 解禁されたPVでは、三番隊隊長のパーちんの親友が他組織“愛美愛主”(メビウス)ともめて、重傷を負わされたことを知らされ、マイキーが「パーのダチやられてんのに、メビウスにひよってるやついるかぁ? んなやついねぇよねぁ!!」「メビウス潰すぞ!」とメンバーに呼びかける様子などが収められている。

写真を見る全 5 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る