緊急取調室 シーズン4:初回視聴率14.7% 天海祐希主演、人気刑事ドラマ新シリーズ “ゲスト”桃井かおりがハイジャックテロ

連続ドラマ「緊急取調室」第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「緊急取調室」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第1話が7月8日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好スタートを切った。

 ドラマは、井上由美子さんのオリジナル作。警視庁捜査1課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の真壁有希子(天海さん)たちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年にシーズン1が放送されて人気を博し、2017、2019年とシーズンを重ねるごとに話題を呼んでいる。

 初回は、女優の桃井かおりさんがゲスト出演した。桃井さん演じる「黒い女神」と称された50年前の学生運動のリーダー大國塔子が長年の沈黙を破ってハイジャックテロを起こす。要求は、同じ便に乗っている国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平さん)を自分の元へ呼ぶこと。出張先の北海道警察へ向かう途中、機内でテロに居合わせてしまった有希子は、事態収束のため、塔子との交渉を試みる。

 そんな中、宮越の代わりに塔子の元へやって来た第1秘書・東修ニ(今井朋彦さん)が、塔子ともみ合いになった揚げ句、落命してしまう事態に。現場に居た有希子には、世間から非難の声が集まる。そんな中、刑事部長・北斗偉(たける、池田成志さん)の決定で、キントリが100日足らずの9月末で解体される……という内示が下された。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る