浜辺美波:“縦型映画”出演に意気込み 「新しいことに挑戦するのは大変だと思いますが…」

映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」の授賞式に登場した浜辺美波さん
1 / 5
映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」の授賞式に登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが7月12日、東京都内で行われた、動画アプリ「TikTok(ティックトック)」と東宝の映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」の授賞式にゲストとして登場した。浜辺さんは、同映画祭のグランプリ受賞者が監督を務める新作の縦型映画に出演する。「縦ということで(視聴者の)目線が変わる。新しいことに挑戦するのは大変だと思いますが、一生懸命作りたい。作るならたくさんの方に見てもらいたいと思います」と意気込みを語った。

 「TikTok TOHO Film Festival」は、TikTokと東宝がタッグを組んで、新たなクリエーターを発見し、サポートする新たな映画祭。今年4~6月に15秒~10分以内の縦型映画を募集。5000作以上の応募の中から、吉川啓太さんの作品「トラベルノート」がグランプリを受賞した。グランプリ受賞者には、浜辺さん出演の新作映画の制作権利と賞金30万円、トロフィーが贈られた。

 浜辺さんは、「トラベルノート」を鑑賞したといい、作品について「(スマホを)スワイプする手が自然と動いていた」と振り返っていた。吉川さんの新作の映画については「(出来上がった)脚本を楽しみにしたい」と笑顔を見せていた。

 映画祭のアンバサダーは俳優の北村匠海さん、審査員は三池崇史監督、山田智和監督、TikTokクリエイターのしんのすけさんがそれぞれ務めた。

写真を見る全 5 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る