映画興行成績:「東京リベンジャーズ」初登場首位 「ハニーレモンソーダ」4位発進 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」興収100億円突破

映画「東京リベンジャーズ」のビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」のビジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 7月12日に発表された10、11日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、和久井健さんの人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」を実写化した「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約38万6000人を動員し、興行成績は約5億2800万円を記録。7月9日の公開初日から3日間の累計では、動員51万人を突破、興行成績は7億円に迫るヒットスタートを切った。

 初登場作品では、米マーベル・スタジオの最新作で、女優のスカーレット・ヨハンソンさん主演の「ブラック・ウィドウ」(ケイト・ショートランド監督)が3位にランクイン。土日2日間で約14万1000人を動員し、興行成績は約2億1900万円を記録した。人気少女マンガを人気グループ「Snow Man」のラウールさん主演で実写化した「ハニーレモンソーダ」(神徳幸治監督)は4位に初登場。土日2日間で動員約13万5000人、興行成績約1億7400万円を記録した。

 累計では、前週1位スタートを切り、今回2位となった「ゴジラvsコング」(アダム・ウィンガード監督)が興行成績11億円を突破。5位の劇場版アニメ「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(庵野秀明総監督)は、7月11日時点で興行成績99億9700万円を突破し、7月12日に興行収入100億円という大台を突破したことが発表された。今回圏外となった劇場版アニメ「名探偵コナン 緋色(ひいろ)の弾丸」(永岡智佳監督)は、動員524万人、興行成績73億円を突破している。

 1位 東京リベンジャーズ
 2位 ゴジラvsコング
 3位 ブラック・ウィドウ
 4位 ハニーレモンソーダ
 5位 シン・エヴァンゲリオン劇場版
 6位 ザ・ファブル 殺さない殺し屋
 7位 るろうに剣心 最終章 The Beginning
 8位 キャラクター
 9位 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
 10位 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る