岡山天音&神尾楓珠:大幅減量! 「緊急取調室」で“まるで別人”なボクサー役

連続ドラマ「緊急取調室」シーズン4の第3話にゲスト出演する神尾楓珠さんと岡山天音さん=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「緊急取調室」シーズン4の第3話にゲスト出演する神尾楓珠さんと岡山天音さん=テレビ朝日提供

 俳優の岡山天音さんと神尾楓珠さんが、天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第3話(7月22日放送)にゲスト出演することが分かった。2人は、新たな事件の捜査をかき回すボクサー役で登場。撮影にあたり、岡山さんは金髪、神尾さんはショートヘアに“イメチェン”。さらに、共に撮影の1カ月以上前からのトレーニングで岡山さんが「体脂肪率5.5パーセント減」、神尾さんは「体脂肪率9.4パーセントから7.0パーセント」という大幅減量を果たした。

 岡山さんが演じるのは、タイトルマッチでバンタム級チャンピオン・加賀見光一郎(神尾さん)に挑む直前、週刊誌記者を殺害した容疑で任意同行される元不良少年のボクサー・石倉衆ニ。世間も注目する期待のボクサーを演じるにあたり、岡山さんは撮影の約1カ月半前からトレーニングを開始。「ほかの作品の撮影が終わった後にジムに通い、毎夜、公園でシャドーボクシングをしたりしていました。時間を作ってはボクシングに浸る、かなり濃厚な日々を過ごしました」とコメントしている。指導したトレーナーが「岡山さんの減量幅は、7カ月かかるところを1カ月で達成した!」と語るほどの“肉体改造”だったという。

 一方、「大卒のプリンス」ともてはやされるほどの清く正しい言動、そして現チャンピオンという実力を併せ持つ加賀見役の神尾さんは、ボクサー役に初挑戦。役作りにあたっては「撮影の1カ月前から先生とのトレーニングを週1、2回。さらに毎晩の腹筋メニューを実践し、プロテインを飲むことを心がけました!」という。続けて、「先生に(トレーニング期間中の)食事メニューを送ったりして、身体の情報など、至るところまで見てもらっていたので、緊張感のある日々を過ごせました。プロのボクサーの方々は常にこの状態で身体作りをしているのかと思うと、とても尊敬します」と振り返った。

 第3話は、2人が演じる加賀見と石倉を中心としたストーリー。チャンピオン・加賀見と、デビュー戦以来4戦連続のKO勝ちを収めた挑戦者・石倉のバンタム級タイトルマッチが目前に迫る中、事件が起こる。対戦1週間前の会見が開かれた直後、記者会見に出席していた週刊誌記者・梅本マサル(松本実さん)が、川に転落して溺死した。

 その後、梅本は亡くなる前に顔面を殴られていたことが判明し、石倉と一緒に事件現場付近を歩いている姿をとらえた防犯カメラ映像が発見される。これを受け、警視庁捜査一課は石倉を任意同行することに。真壁有希子(天海さん)ら警視庁捜査1課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」には、石倉を取り調べて自供させるよう、刑事部長・北斗偉(池田成志さん)から命令が下る……という展開。

 「緊急取調室」は、井上由美子さんのオリジナル作。キントリのメンバーが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年に第1シーズンが放送されて人気を博し、2017、2019年とシーズンを重ねるごとに話題を呼んでいる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る