TOKYO MER~走る緊急救命室~:第3話視聴率14.4%で番組最高の数字 凶悪犯から重病の少女救出へ 菜々緒が身代わりに

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第3話が7月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。前週第2話14.3%(同)を上回り、番組最高の数字をマークした。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第3話は、凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生。現場に急行した喜多見幸太(鈴木さん)は、少女に薬を渡さないと命が危険だと主張。しかし、体裁を気にする警察に口を出すなと言われる。

 シングルマザーの看護師・蔵前夏梅(菜々緒さん)は、状態が危ぶまれる少女を守るため、身代わりとなることを願い出る。そんな中、犯人が夏梅に発砲。激しい銃撃戦が繰り広げられる極限状態で、喜多見は緊急オペを決行して……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る