ガンダム:ガンダムとシャア専用ズゴックのマンホール 富野由悠季監の出身地・小田原市に

ガンダムマンホールプロジェクトで設置されるマンホールの蓋(C)創通・サンライズ
1 / 11
ガンダムマンホールプロジェクトで設置されるマンホールの蓋(C)創通・サンライズ

 バンダイナムコグループが展開する人気アニメ「ガンダム」シリーズの「ガンダムプロジェクト」の一環として「ガンダムマンホールプロジェクト」が始動した。第1弾として、8月1日に同シリーズの“生みの親”である富野由悠季監督の出身地の小田原市に、ガンダム、シャア専用ズゴックをデザインしたマンホールの蓋(ふた)を設置する。

 ガンダムの背景は小田原城、シャア専用ズゴックデザインの背景は小田原漁港にあるちょうちん灯台が描かれる。マンホールの蓋は、7月31日まで小田原城天守閣で特別展示される。

 ガンダムマンホールプロジェクトは、同シリーズに登場するキャラクターやモビルスーツなどをデザインしたマンホールの蓋を全国のさまざまな場所に設置する取り組み。東京都稲城市と埼玉県所沢市での展開をへて、プロジェクトが本格的に始動することになった。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る