漂着者:白石麻衣が敏腕記者に “謎の男”斎藤工の能力に魅入られ

ドラマ「漂着者」で新谷詠美を演じる白石麻衣さん=テレビ朝日提供
1 / 1
ドラマ「漂着者」で新谷詠美を演じる白石麻衣さん=テレビ朝日提供

 俳優の斎藤工さん主演の連続ドラマ「漂着者」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)が7月23日に始まる。海岸に“漂着”した謎の男(斎藤さん)が、世間を騒がせる事件を次々と解決に導き、“教祖”のようにあがめられていく姿を描く。白石麻衣さん演じる新谷詠美を紹介する。

 ◇物おじしない性格 警察不祥事暴いた過去も

 詠美は、日本のさまざまな「闇」を見てきた新聞記者。刑事たちにも物おじせず直撃取材を敢行し、警察の不祥事も暴いてきた。

 一人の女児失踪事件と、半年間に起きた5人の女児の連続殺人事件の関連を疑い、取材を進めるうちに謎の男の存在を知る。最初はスクープ狙いで、世間を騒がせている男の正体を暴こうと取材を申し込むが、次第に男の不思議な能力に魅入られていく。

 ◇「漂着者」の初回ストーリー

 女子高生3人がある海岸を歩いていると、全裸で倒れている男(斎藤さん)を発見。男は病院に搬送され、検査の結果、記憶障害が疑われる。担当医が、思い出したことがあればメモを取るようにと進言すると、男はどこかの風景を描き始める。一方、失踪していた女児がある場所で発見される。発見場所が、男が描いていた風景と酷似しており、男は予知能力を持っているのではないかと、ネットで騒然となり……という展開。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る