緊急取調室:天海祐希、“ボクサー”岡山天音とリングでスパーリング! 神尾楓珠も出演

連続ドラマ「緊急取調室」第3話に出演する岡山天音さん(左)と天海祐希さん=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「緊急取調室」第3話に出演する岡山天音さん(左)と天海祐希さん=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)シーズン4の第3話が7月22日に放送される。同話には、俳優の岡山天音さん、神尾楓珠さんがボクサー役でゲスト出演。天海さんと岡山さんがリング上でスパーリングを繰り広げるシーンも登場する。

 「緊急取調室」は、井上由美子さんのオリジナル作で、真壁有希子(天海さん)らが数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。2014年に第1シーズンが放送されて人気を博し、2017、2019年とシーズンを重ねるごとに話題を呼んでいる。

 第3話は、元不良少年のボクサー・石倉衆二(岡山さん)が「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見光一郎(神尾さん)に挑むタイトルマッチの直前、週刊誌記者殺害事件の犯人だと疑われ、任意同行される……というストーリー。

 劇中で真壁は通常の取り調べだけでは見えてこない“石倉の本音”を引き出すべく、ボクシングジムで石倉に対してスパーリングの相手を申し出る。岡山さんは「ボクシングジムでの撮影では特に、天海さん演じる有希子のコミカルさが垣間見られました。その場でのエンターテインメントの最大値を追い続ける姿勢に学ばせていただきました」と振り返った。

 また、岡山さんは「長年一つのチームで作り上げられた空気の中に単身お邪魔させていただくということで、かなりアウエーなスタートだと感じていた」と告白。しかし「天海さんから常にコミュニケーションを取ってくださり、非常にいやすい環境を作っていただきました。これだけキャリアに差のある自分にも徹底的にサービス精神を持って接してくださり、一線で活躍し続けている天海さんの姿勢に圧倒されました」と語った。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る