孤独のグルメ Season9:第3話 「東京都港区東麻布のムサカとドルマーデス」

俳優の松重豊さんが主演を務める連続ドラマ「孤独のグルメ Season9」第3話のワンシーン(C)テレビ東京
1 / 5
俳優の松重豊さんが主演を務める連続ドラマ「孤独のグルメ Season9」第3話のワンシーン(C)テレビ東京

 俳優の松重豊さん主演の人気ドラマ「孤独のグルメ Season9」(テレビ東京)第3話「東京都港区東麻布のムサカとドルマーデス」が7月23日深夜0時22分に放送される。

 大きな荷物を抱えた井之頭五郎(松重さん)がたどり着いた先は東麻布にある「パナマ大使館」。五郎は取引相手の大使館職員(原沙知絵さん)と商談後、ついでにパナマのコーヒーを飲んで感想を聞かせてほしい、と言われる。日本人男性の代表としてのコメント、と圧をかけられながらも、何とかその場を乗り切り大使館を出る。

 広い公園で雨の中、五郎は缶コーヒーを片手に、久しく海外へ行っていないなと思う。「ガイコク飯」が恋しくなり、気付けばすっかり空腹になっていた。店を探していると、お宝を発掘できそうな雰囲気漂う「東京タワーwith東麻布商店街」を見付ける。商店街には数々の料理屋が並ぶ。

 五郎の目に留まったのは「ギリシャ料理」。さっき考えていた「ガイコク飯」である。心奪われた五郎は、ギリシャ料理店へ足を踏み入れ……。

 原作は久住昌之さん、作画は谷口ジローさんの同名人気コミック(扶桑社)。輸入雑貨商の井之頭五郎が、営業先で見付けた食事どころにふらりと立ち寄り、一人で食事する姿を描く。連ドラは2012年1月にスタート。2017~2020年には4年連続で大みそかにスペシャルドラマが放送された。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る