海賊王女:TOKYO MX、MBS、BS朝日で10月放送 OPはJUNNA 鈴木みのりがED I.G制作のテレビアニメ

「海賊王女」のPVの一場面(C)Kazuto Nakazawa/Production I.G
1 / 7
「海賊王女」のPVの一場面(C)Kazuto Nakazawa/Production I.G

 アニメ「攻殻機動隊」シリーズなどのプロダクションI.Gが制作するオリジナルテレビアニメ「海賊王女」が10月からTOKYO MX、MBS、BS朝日で放送されることが分かった。歌手のJUNNAさんがオープニングテーマ(OP)「海と真珠」、声優で歌手の鈴木みのりさんがエンディングテーマ(ED)「サイハテ」を担当することも発表された。OP、EDが流れる第2弾PVも公開された。

 JUNNAさんは「すてきな作品のオープニングテーマ『海と真珠』を担当させていただくことができて、とても光栄に思っております。そして、梶浦(由記)さんと共に音楽を作れる機会をいただけたこと、本当にうれしいです。初めて楽曲を聴いた時、これからどんな物語が始まっていくのか、ワクワクが止まりませんでした。レコーディングでは、梶浦さんにディレクションをしていただきながら、壮大な世界観で、決意を込めるように歌いました。新たな冒険を始めるキャラクターたちの気持ちを楽曲でも感じていただけたらうれしいです」とコメント。

 鈴木さんは「『サイハテ』は、中澤一登監督に『海賊王女』の世界観にピッタリだと言っていただき、エンディングテーマに決まりました。私自身も楽曲を聴いた瞬間、『好きだ!めちゃくちゃ好きだ!!』と、とても気に入っていましたので、すてきなご縁に感謝しかありません。とてもうれしいです! フェナの美しく天真らんまんな姿は、きっとたくさんの人に勇気を与えると思います。自信を持ってよいぞ!と言える大好きな楽曲が、作品を通して、海を越えて、どこまでも!全世界に広がっていきますように!」と話している。

 「海賊王女」は、18世紀×王女×侍×海賊がテーマのアニメで、18世紀の大西洋を舞台に、運命に翻弄(ほんろう)されるフェナ・ハウトマンの旅路と成長を描く。フェナが、青年・雪丸たちと共に<エデン>の謎を解く旅に出ることになる。「B:The Beginning」などの中澤一登さんが監督を務め、梶浦由記さんが音楽を担当する。瀬戸麻沙美さんがヒロインのフェナ・ハウトマンを演じるほか、声優として鈴木崚汰さん、櫻井孝宏さん、悠木碧さんらが出演する。

 

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る