グリーン&ブラックス:柿澤勇人が「デスノート」“L”のテーマ 昆夏美は「美女と野獣」エンディング曲披露

7月30日放送の「グリーン&ブラックス」に出演する柿澤勇人さん=WOWOW提供
1 / 8
7月30日放送の「グリーン&ブラックス」に出演する柿澤勇人さん=WOWOW提供

 ミュージカル俳優の井上芳雄さん、福田雄一監督が出演するWOWOWのミュージカルコメディー番組「グリーン&ブラックス(グリブラ)」。7月30日放送の第52回では、柿澤勇人さんが、自身が出演したミュージカル「デスノート THE MUSICAL」より、名探偵“L”のテーマ「ゲームの始まり」を披露するほか、昆夏美さんが、映画「美女と野獣」(2017年)のエンディング曲「時は永遠に」をパフォーマンスする。

 第52回では、豪華出演者を迎えたミュージックショー拡大版を放送。井上さん、柿澤さん、昆さんのほか、8月上演予定のミュージカル「ジェイミー」に出演する森崎ウィンさん、高橋颯さん、太田将熙さん、川原一馬さん、伊藤かの子さん、フランク莉奈さんの6人のほか、 歌手で俳優の加藤和樹さんが登場する。

 井上さんは、ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」から「もし金持ちなら」、加藤さんは、1997年公開のディズニー映画「ヘラクレス」の主題歌「Go the Distance」をそれぞれ披露。森崎さんら6人は、「ジェイミー」から「And You Don’t Even Know It」と「The Wall In My Head」をメドレーでパフォーマンスする。

 柿澤さんは、「自分が好きな曲を今回歌わせていただいたので、とても楽しかったです。ライブでも何度か歌っていますし、(デスノートの主人公の)月(ライト)の曲は今までたくさん歌ってきたので、今回はLの曲を選びました。役は違いますが、自分が出演していた作品ですし、すごく愛している楽曲でもあるのでぜひとも楽しんでいただけたらなと思います」とアピールした。

 昆さんは、「『美女と野獣』のエンディングテーマは、セリーヌ・ディオンさんが歌っていらっしゃるので有名ですね。CDに入れていて、これまで2、3回くらいコンサートなどで歌いましたが、テレビでは初めてで。グリブラではこれまで『命をあげよう』などの激しい曲を歌うことが多かったので、こうしたゆっくりした美しいメロディーを歌ったのは新鮮でした。改めて良い曲だなと思いましたね。視聴者の皆様にも気に入っていただけたらうれしいです」とコメント。

 森崎さんは、「今回歌った曲には前に突き進む力があります。この番組で歌わせていただいて、皆様にパワーを与えられるように歌わせていただいたので、少しでも背中を押してあげられるような楽曲であってほしいです。作品自体も、日ごろ『ああ、もう嫌だな』と思ったら劇場に立ち寄ってください。絶対に前向きになれますので、このご時世ですが、ぜひ劇場にお越しください」と呼びかけた。

 番組は、7月30日午後10時にWOWOWプライムで放送される。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る