伊藤潤二:アイズナー賞2部門同時受賞の快挙 「地獄星レミナ」「短編集」

「第33回ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード」に選ばれた伊藤潤二さんの「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」(左)と「地獄星レミナ」(C)伊藤潤二/小学館
1 / 7
「第33回ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード」に選ばれた伊藤潤二さんの「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」(左)と「地獄星レミナ」(C)伊藤潤二/小学館

 “コミック界のアカデミー賞”とも呼ばれる「第33回ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード(アイズナー賞)」が7月24日に発表され、伊藤潤二さんの「地獄星レミナ」が最優秀アジア作品賞、「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」と「地獄星レミナ」がベストライター、アーティスト部門に選ばれたことが分かった。作品賞と個人賞の2部門同時受賞で、日本人作家として初めてベストライター、アーティスト部門を受賞の快挙となった。 伊藤さんは2019 年にも「フランケンシュタイン」でもアイズナー賞を受賞している。過去に、同賞を複数回受賞した日本人作家は、手塚治虫さん、水木しげるさん、浦沢直樹さん、小池一夫さん、大友克洋さん、松本大洋さん。

 ◇伊藤潤二さんのコメント

 この度、英語版「地獄星レミナ」と 「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」に対し、アイズナー賞を授かりまして、本当に夢のようです。応援してくださった読者の皆様、素晴らしい翻訳と装丁で出版してくださった米VIZメディア様のお力添えに、心からの感謝を申し上げます。そしてなによりも、1998年に「ビッグコミックスピリッツ」で「うずまき」を連載して以来、お世話になっている小学館様のお力添えがなければ、今回の受賞はありませんでした。

 今回アイズナー賞を受賞した「地獄星レミナ」は「うずまき」から担当していただいていた中熊一郎氏のアイデアから始まった作品です。「次の連載は、星を食べる星の話な
んてどうですか、伊藤さん」。奇想天外なこの案にひるみつつも、自分なりの科学(似非科学)の知識を交えて描き上げ、そして、ボラーレの星野ゆきお氏による世紀末的なデ
ザインで本にしていただきました。

 「伊藤潤二短編集 BEST OF BEST」は、小学館さんで執筆した読み切りを集めた作品集です。担当の加藤辰巳氏の指揮の下、ロケットボムの簑原圭介氏によるデザインで凝りに凝った豪華本にしていただいたもので、加藤氏と私にとっても、思い入れのある本となりました。私もとても思い入れがあるこの2作品がアメリカで評価いただいた事を心の糧にして、これからも 頑張りたいと思います。

 繰り返しになりますが、日本版、英語版を作り上げるにあたってご尽力いただいた全ての関係者の皆様、そして支えてくださった読者の皆様に重ねてお礼申し上げます。この度は本当にありがとうございました。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る