今田美桜:“画の強さ”を役へと昇華 「おかえりモネ」マリアンナ莉子がハマリ役に

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で神野マリアンナ莉子を演じる今田美桜さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で神野マリアンナ莉子を演じる今田美桜さん (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、第10週「気象予報は誰のため?」(7月19~23日)から東京編がスタートした。マイコさん、高岡早紀さん、玉置玲央さんら東京編の新キャストの中で、ひときわ目を引くのが、若手気象予報士の神野マリアンナ莉子を演じている今田美桜さんだ。ここまでのドラマにはなかった都会的な華やかさで物語に彩りを加える莉子は、今田さんにとって新たなハマリ役になりそうな予感がしている。

 ◇初登場から味付け濃く 自然と視線を引き寄せる“画の強さ”

 今田さん扮(ふん)する神野マリアンナ莉子は、ヒロイン・永浦百音(清原さん)が「東京で出会う人びと」のうちの一人。朝岡(西島秀俊さん)が気象キャスターを務める朝の報道番組で、中継コーナーを担当する若手気象予報士。華やかな風貌で仕事中は常ににこやかだが、ゆくゆくは報道キャスターになりたいという野望を秘めている……というキャラクターだ。

 劇中には複数の気象予報士が出てくるが、莉子のポジションはいわゆる“お天気お姉さん”。人から見られる立場の表側の人間だ。百音とは近い年齢(莉子本人が百音に「そんなに変わらない」と言っている)ながら、地元・気仙沼の幼なじみたちとは違った、どこか洗練された空気をまとっている。

 第46回(7月19日放送)の初登場シーンは、謎の打撃音とハープのような優雅な音色に合わせて、ゆっくりと振り向き顔を見せるという、まるでトレンディードラマみたいな“味付けの濃い”もので、莉子の「色の違い」を最初から打ち出そうとする制作陣の意図が感じられた。

 一方、今田さんの魅力といえば、自然と視線を引き寄せる“画(え)の強さ”だ。初登場シーンが制作側の独りよがりにならず、決してスベらなかった(と感じた)のも、演出に説得力を持たせる今田さんの“画の強さ”があってこそ。もちろん「キャスティングの妙」といった部分もあるのだろうが、今田さんが自身の長所を役へとうまく昇華できている証しなのではないだろうか。

 ◇3年前は「花晴れ」の愛莉 より等身大な「おかえりモネ」の莉子

 今田さんでハマリ役と聞くと、今から3年前、2018年放送の連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~(花晴れ)」(TBS系)で演じたツインテール美少女・真矢愛莉(まや・あいり)を思い浮かべる人も多いだろう。

 マンガが基の「花晴れ」の愛莉と比べると、「おかえりモネ」の莉子はより等身大な役どころだ。すでに第49回(7月22日放送)で自身の役割について疑問を口にするシーンがあったが、「朝ドラ」というコンテンツの性格上、これから先、より一層、現代を生きる働く女性としての思いや葛藤を演技の中で求められることになるだろう。

 制作統括の吉永証チーフプロデューサーは「莉子は報道の世界、テレビの世界でやっていきたいと思っている人物。第10週だと、まだ莉子については、“華やかさ”ばかりが前面に出ています。しかし、だんだんと莉子自身が、自分が“伝える立場”になっていること、自分の長所、周りと比べて自分の足りないところなどを意識していきます」と語っていたが、役の成長と共に今田さんがどんな姿を見せてくれるのか、引き続き注目だ。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る