TOKYO MER~走る緊急救命室~:“喜多見”鈴木亮平ד千住”要潤がついにタッグ「エモすぎる」 「足引っ張ったらぶっ飛ばす」「了解」のやり取りも話題

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第4話が、7月25日に放送された。同話では、これまで事故現場での対応を巡って対立してきたTOKYO MERのチーフドクター・喜多見幸太(鈴木さん)と、レスキュー隊の隊長・千住幹生(要潤さん)が協力体制に。2人のタッグに、視聴者は「千住隊長と喜多見先生のバディー、エモすぎる」「良いコンビになってきた」「アツい」と盛り上がった。

 本作は、都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。第4話ではトンネル崩落事故が発生し、喜多見らが現場へ急行。移植手術のための心臓を運搬中の医師ががれきに埋まっていることが判明する。新たな崩落が起こる中、喜多見はレスキュー隊の千住と共に決死の突入を試みる……という展開だった。

 劇中ではトンネルに突入する際、「止めても無駄ですよ」と言う喜多見に、千住が「足引っ張ったらぶっ飛ばす」と告げ、喜多見が「了解」と返すシーンも登場。2人のやり取りに、SNSでは「バディー感最高」「この感じ好きすぎる」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る