門脇麦:“不倫にゆらぐ”妻役 「役作りを放棄」 ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」

8月9日スタートの連続ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」のオンライン記者会見に登壇した(左から)森山直太朗さん、門脇麦さん、風間太樹監督(C)野村宗弘・小学館/「うきわ ―友達以上、不倫未満―」製作委員会
1 / 1
8月9日スタートの連続ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」のオンライン記者会見に登壇した(左から)森山直太朗さん、門脇麦さん、風間太樹監督(C)野村宗弘・小学館/「うきわ ―友達以上、不倫未満―」製作委員会

 女優の門脇麦さんが主演で、8月9日午後11時6分にスタートする連続ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」(テレビ東京系)のオンライン記者会見がこのほど行われ、門脇さんと、共演の森山直太朗さん、風間太樹監督が登壇した。隣室に住む夫の上司(森山さん)に惹(ひ)かれていく主人公・中山麻衣子を演じる門脇さんは、“不倫にゆらぐ”人物の役作りについて聞かれると、「何もしなかったですね」「役作りを放棄するっていう、私の中ではとてもチャレンジングなことをしました」と明かした。

 門脇さんはその理由を、「今回の作品は1ミリも自分の受ける感情とかを準備せずに、現場に入って直太朗さんと会話して、生まれてくるものだけを拾い上げてやっていきたかったので」と説明。「準備していった方が楽なんですよ。大変怖かったです」と語っていた。

 相手役の二葉一を演じる森山さんは、“不倫にゆらぐ”役作りについて「そんなやり方も分からないですし、台本をとにかく読むという方法でした」とコメント。初共演の門脇さんについては、「初対面だったので、物語が進んでいくってことと、門脇さんと距離が縮まっていくのがまったく同じ速度感でした」と振り返っていた。

 ドラマは、野村宗弘さんのマンガ「うきわ」(小学館)が原作。社宅のベランダを舞台に、「不倫まで壁1枚」という、お隣同士の大人の男女の危うい関係が繰り広げられる“ビターで切ない大人のラブストーリー”。テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知ほかで放送。動画配信サービス「Paravi(パラビ)」、「ひかり TV」でも配信される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る