TOKYO MER~走る緊急救命室~:“日曜劇場に愛された男”馬場徹が登場 「キター!」「気がつけば彼がいる!」

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第7話のワンシーン (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第7話のワンシーン (C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第7話が8月15日に放送され、同枠の“常連”馬場徹さん演じる公安刑事・高松の登場にSNSが盛り上がった。

 第7話は、外国人労働者が原因不明の症状を訴え、TOKYO MERが出動。集団食中毒と思われたが、なぜか現場は多くの警察官に占拠されていた。真相が見えないまま、喜多見(鈴木さん)が傷病者を搬送しようとすると、公安刑事の月島しずか(稲森いずみさん)や高松らがやってくる……という展開だった。

 馬場さんは、「ルーズヴェルト・ゲーム」「99.9-刑事専門弁護士-」「陸王」「下町ロケット」「集団左遷!!」「グランメゾン東京」「天国と地獄~サイコな2人~」といった数々の「日曜劇場」作品に出演。“常連”の登場に対して、SNSでは「キター!」「気がつけば彼がいる!」「日曜劇場もはや準レギュラー…」「出演率高すぎるw」「また癖のある役で日曜劇場に出てる(笑い)」といった声が上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る